道程

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とーとつに

逢ひみての 後の心に くらぶれば 昔はものを おもはざりけり
          
                    権中納言敦忠

や、実はコレ、自分の脳みそに一番深く刻み込まれてる
歌だと思うんです。
意味は確か……

「一度愛し合った人に会えない寂しさに比べれば、昔自分が相手に抱い ていた思いなど、取るに足らないことだ」

といった感じだったと思います。
女性と愛し合うどころか、片思いの一つもまともにしたことが無いような童貞が、「人に恋するってどんな感じなのだろう?」と悩んでいた時出会った歌です。
この歌を見て、「恋することって凄いことなんだ」と、子供ながらに感銘を受けていた記憶があります。
今も、心の奥底では、恋をしたいと思ってるんですが、多分したところで無駄でしょう。
基本的に、自分可愛コちゃんですから。
他人を心底おもいやるってことが出来てないと思うんです。
人のことをもう少し大切にしてみる。これが恋への第一歩、なのかなぁ、と。
さっき「恋なんかしても自分にとっては無意味」と言いましたけど、
やっぱりしてみたいものはしてみたいんです。
他の友人達が経験したであろう、悶々とした気持ちを抱いてみたんです。
……ないものねだりなんだろうなぁ、きっと。









以上、新しい畳よりも青臭さがぷんぷん漂う、チヒロの胸中でした。


さぁ、忘れるんだ。記憶から抹消するんだ。

さもないと




俺、恥ずかしくて死ねます。













  1. 2006/05/30(火) 23:34:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

姉語録

週末、大阪で独り暮らししてる姉が帰ってきました。

この姉、纏まった休みが取れるたびに我が家に帰ってきます。

ええ、主に食料を求めて。

しかし、今回はどうやらダイエットをしている模様。

ここ数日節制してるとか。

しかし、食料という麻薬が切れてきたのか、今日の姉は少し変でした。

何が変化というと…




姉「あ~アンパン食べたい…」

俺「ふーん(←ジュラシックパーク見てる)」

姉「明日の朝絶対アンパン食べるてやる…っ」

俺「ふーん(←姉の様子がおかしくなっていっていることに気がつかない)」

姉「あぁ、アンパンだけが人生やわ。小っちゃい人生だぜ」

小っちゃい人生だぜ

小っちゃい人生だぜ

小っちゃい人生だぜ


嗚呼姉ちゃん

背中が煤けて見えるぜっ(泣

  1. 2006/03/12(日) 00:19:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肉まんおごらされた…ッ

クーポン券使っても、一個80円です。案外高いです。


…え、3つ食うの?

ん、違う?一つは俺の分?

はっは、お前にしちゃ気が利いてるじゃないか。
















あれ、ひょっとして3つとも俺が金払うの?

マジで?

そうなんだ…
  1. 2006/03/08(水) 00:37:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天国の門は二度叩け

そうして僕は、喜びの祝福の中に、身を沈めるのです。
  1. 2006/03/08(水) 00:28:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たとえば

たとえば、何気ない日常の、何気ない一コマだったり。

たとえば、友達との他愛のない会話だったり。

たとえば、ミスドで肉まんを食べてみたり。

つまり、それだけだったんです、僕が保ちたかったのは。

つまり、移ろっていくのを恐れているのです、僕は。

つまり、本やら何やらが僕に訴えかける感慨(?)のようなものも、

    僕という主観が経験している焦燥(?)のようなものに

    とってしてみれば、形骸そのものなのです。

たとえば、友が夢を見つけて旅立ったり。

つまり、それは僕の中の平穏の乱れで。

たとえば、友を応援する僕がいたり。

つまり、それは僕の心とは裏腹(?)で。

今こうしてる間にも、僕の、この、考え方すらも変わっているかも

しれないから、今現在の僕の心の内を記しておきたいのです。



心は言葉に勝る。


最大限、僕が、無い頭を捻って書いたこの言葉も、僕の心の内の、

一体何割を曝け出せただろうか。

…1厘も曝せていない、と僕は断言できる。

あんまりに複雑すぎて、僕ではこれ以上まとめられない。

たとえば
      それは僕の、無力故の、失望■■■■。
つまり
  1. 2006/03/05(日) 00:51:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

チヒロ

Author:チヒロ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。